トップ / 得する暮らしの知恵とは

得する暮らしの知恵とは

得する暮らしの知恵

食材を保存する暮らしの知恵

冬場に備えて食材を保存することは、昔からの暮らしの知恵です。冬場にはビタミン不足が深刻となるため、秋の季節から沢庵漬けの仕込みを行う伝統があります。現代では、干し大根を買ってから沢庵を漬け込む場合もあります。冬の東北地方では、雪の中で野菜を保存したり、納豆を作るなどの暮らしの知恵があります。雪の中で白菜や大根を保存すると、普通よりも甘さが増して美味しくなります。茹でた大豆を藁で包んで雪の中で保存すれば、予熱で大豆が発酵して納豆になります。雪が少ない地域では、秋に収穫しておいた大根やネギを土に埋めて保存することもあります。

暮らし,ゆたか

生活の知恵をつけ賢く立ち回る

暮らしをしていく中で知恵を絞ると、お得感を味わうことができるものです。例えば、生活していると不要品が出てくるものですが、何かいらなくなった物が出た場合は、ただ捨てるのではなく、リサイクルショップに持って行くとお金になります。または、フリーマーケットに参加するというのも一つの手です。フリーマーケットだと自分で値段を付けることができるのが便利です。相手から値切り交渉を受けて、それに対応していく楽しみもあります。その他、覚えておくと良いのがインターネットオークションの利用です。どういった物が取り引きされているのかチェックしてみると「こんな物まで」と驚くことがあります。自分が暮らしている中ではいらない物が、とても価値ある物な可能性もあります。

↑PAGE TOP